当院について

  1. HOME
  2. 当院について
  3. ご挨拶

ご挨拶

お客様に選ばれる施設を目指して

湖山医療福祉グループは北は北海道から南は島根県に至る全国各地で広域的に高齢者施設や療養病床を運営しております。 ご承知のとおり、日本は世界に類を見ないスピードで超高齢化が進んでおります。そのような中2000年4月に介護保険制度が施行。以降、多くの事業者が福祉業界に参入してきました。多くの業種からの事業者参入にあって、湖山医療福祉グループは高齢者医療・介護の専業として、意欲にあふれた地元の若者採用や、現場の職員自らが企画立案した施設で地域の慣習に沿ったサービス提供を大切にするなど、地域に寄り添い、地域に根差した施設運営をすることで、結果として地域の皆様よりご支持いただき、28法人・199サービス拠点・506事業所(2017年1月1日現在)を有するまでに成長いたしました。
また個々の施設運営においては、各施設が地域No.1の施設づくりをめざし、これまでに職員の見聞を深める「海外研修」の実施、個別ケアの質向上をめざす「こやまケア」の研修活動、若いアーティストが作品を通じお年寄りと心を通わせる「アートボランティア活動」、またISO9001(品質マネジメントシステム)の導入など様々な取り組みを行って参りました。2013年からは施設で働きながら介護関連の資格取得やスキルアップが可能となる「KOYMACollege」を開校、デイサービスにセラピストを常勤で配置し機能訓練に特化した事業モデル"アルク"の推進を行っています。また、2014年6月には、銀座医院を歌舞伎座タワーに移転、銀座で最大新鋭のクリニックに生まれ変わりました。
2015年には日本初となる医療法人財団百葉の会と医療法人社団湖聖会(東京)の合併を行い、より広範かつ効率的な医療・介護福祉サービスを提供が可能となりました。お客様のニーズがあるサービスを提供し「自らが受けたいと思う医療と福祉の創造」の理念の実現に向けた湖山医療福祉グループらしい、今までにない事業を創造します。組織をつくれば人が変わったとしても運営ができる、一般的には組織とはそう指向されますが、湖山医療福祉グループは『この人だからこそできる』施設の起案、サービス運営を根幹とします。そのことが結果として理念の実現のためには欠かすことができない要素であるからです。今後は若い職員の教育機関としても力を注ぐとともに、日本において予想される社会の構造変化に耐えうるよう、柔軟性をもつ組織をめざします。そして、全国各地に点在する湖山医療福祉グループ職員の総力を投入して、お客様に選ばれる施設づくりに邁進したいと考えております。

個を大切にし、心を満たす医療の創造を目指して

ksi-308.jpg
名誉院長 小野寺 昭一
【略 歴】
1972年 東京慈恵会医科大学卒業
東京慈恵会医科大学泌尿器科教授、感染制御科教授を経て、
2010年7月 富士市立中央病院院長
2017年4月より現職

来たるべき超高齢化社会で、高齢者の方々が住みなれた地域で自分らしい暮らしを続けられるような、医療・介護・在宅医療などが一体となった地域包括ケアシステムが求められています。 これまで湖山医療福祉グループでは、富士医療圏において医療法人財団百葉の会が、回復期病床と療養型病床を有する湖山リハビリテーション病院をはじめ、介護老人保健施設やグループホーム、デイケア、デイサービス、訪問看護ステーションなどを展開し、地域において総合的な医療・介護・福祉体制を提供できるシステムを整備してきました。今後は他施設との連携も強化しながら地域医療の質の向上、発展に寄与し、地域包括ケアシステムの構築を目指していくことが何よりも求められています。 当院の理念である「自らが受けたいと思う医療と福祉の創造」に基づき、患者様と利用者の方々を大切にし、利用者の皆様が歩んで来られた人生を尊重し、常に利用者の皆様とそのご家族の方々に寄り添って喜びや悲しみを分かち合えるような医療、介護を提供するために、病院職員が一丸となったチーム医療を行い、利用者の皆様の生きる力を引き出せるような病院造りを目指して地域社会とともに歩んでいきたいと願っております。

「自らが受けたいと思う医療と福祉の創造」という理念を掲げて日々努めていま す

ksi-310.jpg
院長 殷 祥洙
【略 歴】
1995年東京慈恵会医科大学 卒業
日本リハビリテーション医学会 代議員 専門医 指導責任者
東京慈恵会医科大学付属病院、東京都リハビリテーション病院、
農協共済中伊豆リハビリテーションセンターを経て、
2014年4月より湖山リハビリテーション病院勤務
2014年7月院長就任

近年のリハビリテーション医療は目覚ましい進歩をとげており、かつては寝たきりにならざるを得なかった人がどんどん回復し、生活の質を高めることができるようになりました。その意味で、医療の進化とはリハビリテーションの進化そのものであるともいえるでしょう。 湖山リハビリテーション病院では、「自らが受けたいと思う医療と福祉の創造」という理念のもと、メディカルスタッフ一同が質・量ともに充実したリハビリテーション医療を提供することを心がけています。スタッフは最先端の医療技術の習得とともに、1年365日リハビリテーションを行っています。今後も皆様によりよい医療を受けていただけるよう、スタッフ一同不断の努力をしてまいります。

当院について