当院について

  1. HOME
  2. 当院について
  3. ご挨拶

ご挨拶

お客様に選ばれる施設を目指して

湖山医療福祉グループは、2012年11月1日現在で22法人・150サービス拠点・376事業所を、北は北海道から南は島根県に至る全国各地で広域的かつ地域に密着して運営展開をしております。ご承知の通り、老人介護に対する国民の関心と期待は21世紀に於ける日本の最重要課題の一つとして高まる一方ですが、湖山医療福祉グループとしては、職員6100人の総力を結集して、お応えしたいと決意しております。 その実現のために、グループの基本方針として以下の3点を特に大切に追い続けて、お年寄りが希望を持てる明日を創り出すことに邁進して参ります。
1.各地それぞれの施設に於いて、顧客サービスのレベルが地域No.1の施設づくりを目指します。
2.地域のお年寄りとそのご家族の多様なニーズに対応した、小規模多機能の施設づくりに今後も積極的に取り組みます。
3.上記を実践する介護の現場を支えてくれるのは、真の顧客指向を大切にする志を持つ若い人達です。意欲にあふれた若者が、自分の生きがい・やりがいを追求できる職場としてふさわしい組織に湖山医療福祉グループを改革し、育てて行きます。 現在、日本の少子高齢化の社会ニーズに合わせて、医療と福祉(予防)・教育・地域(街づくり)の観点からハイブリッドな経営をするべく模索しております。これからも地域のお年寄りを幸せにする仕事を続け、若者の教育を事業創生と捉えて更に新しい世界へ邁進したいと考えております。

個を大切にし、心を満たす医療の創造を目指して

ksi-308.jpg
名誉院長 小野寺 昭一
【略 歴】
1972年 東京慈恵会医科大学卒業
東京慈恵会医科大学泌尿器科教授、感染制御科教授を経て、
2010年7月 富士市立中央病院院長
2017年4月より現職

来たるべき超高齢化社会で、高齢者の方々が住みなれた地域で自分らしい暮らしを続けられるような、医療・介護・在宅医療などが一体となった地域包括ケアシステムが求められています。 これまで湖山医療福祉グループでは、富士医療圏において医療法人財団百葉の会が、回復期病床と療養型病床を有する湖山リハビリテーション病院をはじめ、介護老人保健施設やグループホーム、デイケア、デイサービス、訪問看護ステーションなどを展開し、地域において総合的な医療・介護・福祉体制を提供できるシステムを整備してきました。今後は他施設との連携も強化しながら地域医療の質の向上、発展に寄与し、地域包括ケアシステムの構築を目指していくことが何よりも求められています。 当院の理念である「自らが受けたいと思う医療と福祉の創造」に基づき、患者様と利用者の方々を大切にし、利用者の皆様が歩んで来られた人生を尊重し、常に利用者の皆様とそのご家族の方々に寄り添って喜びや悲しみを分かち合えるような医療、介護を提供するために、病院職員が一丸となったチーム医療を行い、利用者の皆様の生きる力を引き出せるような病院造りを目指して地域社会とともに歩んでいきたいと願っております。

「自らが受けたいと思う医療と福祉の創造」という理念を掲げて日々努めていま す

ksi-311.jpg
院長 諸岡 暁
【略 歴】
東京慈恵会医科大学卒業
富士市立中央病院脳神経外科部長
2010年からは富士市立中央病院副院長を経て、2022年4月より現職

私は約20年間、富士市立中央病院で脳神経外科部長として勤務し、副院長も兼務しました。その間、脳神経外科の24時間手術に対応できる救急医療体制を構築してきました。脳神経外科は、脳出血や脳梗塞などに対し救命を最優先に診療を行い、患者さんをいかに早く日常の生活に戻していくかが重要な課題になります。克服するためには、地域における回復期リハビリテーション医療の充実が必要です。脳神経外科医の経験を活かし、より高度で質の高いリハビリテーション医療を提供していきたいと思っており、急性期医療からのバトンを受ける体制を強化して、患者さんが住み慣れた地域でその人らしく過ごせるよう支援していくことが重要と考えております。
今後も当院で入退院、また退院後のサポートを含めメディカルスタッフが多職種連携し、患者さんの生活の質を上げるべく努めてまいります。
新型コロナウイルス感染症と向き合いながら、皆様が安心した生活を送れるよう支援し、後方支援病院としての地域での役割を担ってまいります。

当院について