病院の取り組み

インフォームド・コンセントについて

私たち病院の基本的な考え方

~ 知る自由と自己決定権(インフォームド・コンセント)の原則 ~
人は人生の歩む道は自分が決めて生きてゆきます。それは病の床にあろうと死に近いときであろうともかわりはありません。病んでいるとき、死が近いときは人間にとって最も大切で重要なときの一つです。それ故、どのような生活をし、どのような道を歩むかはまさに歩む本人が決めることが最も望ましく思われます。
当院におけるいわゆるインフォームド・コンセントはこのような立場を患者様の側に立って貫きます。それは「知る権利と自己決定権」として捉えられます。セカンドオピニオンも推奨します。以下は当院の理念である「自らが受けたいと思う医療と福祉の創造」を原則として導かれたものです。

1.生活

入院している患者様にとって、毎日の生活は大切な人生の一部です。患者様が何をしたいかは他の患者様の迷惑にならない限り、患者様の自由です。診断、治療を含め、何をするかを決めるにあたり医療側は患者様に考えられる限りの様々な選択肢を充分に提供し、患者様の自己決定の参考にします。病気によって避けるべきことは医療側が患者様に伝えます。どのようなことであっても、患者様に説明する場合、患者様が理解し納得できるよう話し方と言葉に医療側は充分配慮します。患者様は理解でき納得するまで充分な説明を受ける権利を常に有します。

2.診断

自分がどのような病気にかかっているか知りたい患者様には、医療側はカルテの開示を含め知りたいことはすべて伝えます。患者様が知りたくないときはその思いと感情を尊重します。診断のための検査が必要な場合、患者様はその必要性を説明されたとしても、検査を拒絶できる権利を有します。検査による危険性について、医療側は患者様に伝え納得していただきます。検査しない場合の不利益についても伝えます。患者様が他の医療機関での診療を希望した場合、紹介状を書くことを含め協力します。

3.治療

リハビリテーションはもちろん、看護、介護も広い意味での医療ですから、ここではそれらを含めたものとしての治療です。どのような治療であっても患者様は治療を全面的に受け入れる場合と全面的に拒絶する場合があります。患者様はその中間的な治療も含めいかなる方法をも選ぶことができます。医療側が必要と確信する治療を患者様が拒絶したとしても、拒絶したこと故に医療側はその患者様を診療できないと言ってはならないし、また退院をせまることもしません。治療によって治る可能性が高いあるいは改善する病気に関しても、患者様はその治療を受ける権利は勿論、拒絶する権利をも有します。苦しさを取り除く以外何もしないという治療からさまざまな治療に関して、副作用、苦しさ、病気の改善度、延命の程度その他、プラス面マイナス面を医療側は説明しなければなりません。特に末期の患者様、あるいは経口摂取ができなくなった患者様について、何らかの治療をしない限り延命できない場合の対応が重要です。選択肢として経管栄養や中心静脈栄養による延命を目指す医療と、点滴や経管栄養などをしないで、ケアや話しかけなどのみの延命を目指さない医療があります。それらの中間的なものも含め、どれを選ぶかは患者様が決める権利を有しますが、当院の理念がここでも活かされるべきです。自らが受けたいと思う医療の観点で自分が患者様だったらどうされたいかを考慮しつつ、どのような医療を自分だったら望むのか、医療者が一人の人間としてどのような治療を望むのかを、患者様に伝えることが望ましいと言えます。そのような場合も医療側の押し付けにならないように、患者様の自由な自己決定を尊重する態度と言葉で説明するよう努力します。
患者様が治療に不満、疑問を有する場合、患者様が希望する治療が当院では対応できない場合、患者様が希望する医療機関での受診転院について、全面的に協力します。
患者様の自己決定権がより具体的活かされるよう、また患者様の自己決定権を根本から尊重する意味で、患者様の担当医、リハビリテーションスタッフ、担当看護師、ケアワーカーなどのメンバーに関しての希望に、医療側は充分配慮し応えます。
基本姿勢策定委員会

病院の取り組み